【新人マンション管理士レポート】マンション大規模修繕工事の施工業者実務入門(3回目)

メルすみごこち事務所のメル夫です。只今研修中です。今週は、メル夫が担当している、大規模修繕工事の施工者選定業務の概要を例に、メル流施工業者選定をご紹介させて頂きます。第3回目は、公募の状況と声掛け実施をさらに詳しく伝えます。

【公募の状況による声掛け実施】

公募の状況は毎日記録し、管理組合に毎日報告します。当社の場合、募集での選定対象会社数は10社から15社が理想だと考えています。応募は最初少なく、後半急増するケースが多いですが、締切4、5日前になっても10社に満たないと、少し心配ですよね。10社にも満たないケース、当社の場合、過去において見積りに参加頂いた会社や実績がある会社の中から、募集要件を満たす会社に参加のお誘いを行います。

この方法は、区分所有者の紹介や推薦に基づくエントリーを含め、「公募とは言えない」との見方もありますが、10社から15社の中から好ましいと思われる4~5社を選び、次にその中から最も好ましい1~2社と絞ってゆくほうが、管理組合にとってベストな選択ができるのです。

当初応募頂いた会社には、募集要件を満たすとしても、色々な会社が含まれています。比較的少ない応募業者のなかからいきなり1~2社を選択するのは、色々な意見や見方が出てしまい、理事や修繕委員の意見を集約しずらいのです。10から15社の中から4~5社、その中から1~2社。2社の場合は最終的にどちらかを選択、という手法が満足のいく結果を導くことができます。

【メル夫の気づき】

官公庁で行われている、「見積合わせ」と「入札」を比較してみましょう。

「見積合わせ」はあらかじめ信頼する業者を数社指名し、各社に見積りを提出させ、その中から最適な業者を選定します。

「入札」は工事の仕様書を作成した後に配布し、多数の業者の入札の中から、最も低い金額の業者を選定します。この場合、価格のみで決定するという公平さはありますが、品質の悪い不適格業者が価格の安さだけで応募し、受注するリスクもあります。

粗悪工事が原因で事故が発生している事例もあります。貴重な税金を投入するのですから、品質の保証が得られる中で、きちんと選定しないといけません。
マンションの大規模修繕工事においても、応募した数少ない業者、かつ価格のみでの選定は、入札と同じ粗悪工事をつかむリスクがありませんか?

マンション管理士新人のメル夫です。只今メルすみごこち事務所で研修中です。
いろいろなマンション管理組合の理事会や総会等へ訪問させていただき、その活動を通して得られた「気づき」を新鮮な気持ちでリポートさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です