【深山州のゆる~いマンション管理コラム16】役員報酬と懇親会費、支出するならどっち?

僕の答え:

役員報酬:本人に払って終わり。
懇親会費:活きた金の使い方。仲間という財産が戻ってくる。

この「マンション管理組合の学校」発起人の一人で、マンション管理士(メルすみごこち事務所)とマンション管理会社(クローバーコミュニティ)の代表。まわりが勝手に「すごい人」と誤解しているが、実はマンション管理や修繕の専門知識は高くない。とにかく仕事もプライベートも理事会も「楽しく」「新しい」ことを考えていないとアタマが腐ってしまうので、取り扱い注意。

深山州のゆる~いマンション管理コラム

2 thoughts to “【深山州のゆる~いマンション管理コラム16】役員報酬と懇親会費、支出するならどっち?”

  1.  どちらかではなく、そのマンションの事情で支出すればいいです。
     役員報酬も、高額でもそれに見合う業務をすれば、不当ではありません。
     私はもう年金生活なので、報酬は欲しいですが、業務に見合わない分まで欲しいとは思いません。
     懇親会は酒を出しても構いません。 公私の区別さえできれば問題ありません。
     酒を飲んで、他人を罵倒したり、暴れてはいけません、ほどほどにしましょう。
     

    1. 器用人さん、不当とか正当とかの質問ではなく『管理組合の視点から、より活きたお金の使い方』という観点で問いかけてみました。
      お酒飲んで暴れるような懇親会はやめましょう←もちろん同意です笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です