【マンション管理業界NEWS】ソフトバンク、駐車場シェア事業に参入

(2018年4月5日:CNET JAPANサイトより)

マンション駐車場の外部貸しの選択肢が増える?

ソフトバンクは4月5日、IoTプラットフォームを活用して、個人や法人が所有する空き駐車場と、駐車場を利用したいドライバーをマッチングするパーキングシェアリングサービスを、2018年夏ごろから順次開始すると発表しました。

まず「駐車場事業者」には、駐車場の管理システムとカメラ付きセンサーを組み合わせたソリューションを提供し、駐車場の稼働状況に合わせたパーキングメニューが設定できる駐車場予約システムにより、駐車場の混雑時期も効率的にサービスを提供できるほか、カメラ付きセンサーによって車両番号などを認識することで、安心・安全に事業を運営できるとしています。

 

次に、遊休スペースの所有者(ここがマンション管理組合ですね)には、駐車場事業者と連携したソリューションやIoTセンサーを活用した安価な簡易サービスを提供し、空き駐車場や遊休スペースを有効活用できるようにします。

そして、駐車場の利用者には、スマートフォン向けの専用アプリなどを通して、駐車場検索機能、満車・空車状況の確認機能、予約機能、オンライン決済機能などを提供する、とのことです。

すでに同社ではサービス開始に向けて、駐車場や遊休スペースの有効活用を検討しているマンション管理組合等などを対象に、ビジネスパートナーの募集を4月5日から開始しています。

CNET JAPANサイトより

 

 

捨部(ステーブ)です。「個性あふれる先生による講義」を、「ライブ映像(自称)」でお伝えします!おすすめは、マンション管理に係るおすすめのセミナー!資産価値向上にお役立てを。お気軽にご参加ください!!マンション管理の有用な取材と告知…これが私、ステーブのジョブズ(仕事)です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です