管理委託契約書とは

★管理委託契約書とは、マンション管理組合管理会社が委託業務の契約を締結する際の書面をいう。


☆マンション管理士よりひとこと
img_miyama

管理委託契約の書式については、管理会社の多くが「国土交通省が例示する『マンション標準管理委託契約書』」に準拠した内容で提案しています。
契約内容にまつわる管理組合と管理会社とのトラブルの蓄積の歴史から、度々バージョンアップがなされ、現在の形になっています。

特に大手管理会社は契約書の内容について、自社管理物件だけでも多くのトラブル事例を持つだけに、標準管理委託契約書を独自にカスタマイズしています。
その多くは「管理会社が不利にならないように・責任が来ないように」作ります。

契約事ですので問題はありませんが、契約当事者の一方である管理組合としても、管理会社が提案する管理委託契約書の内容を吟味し、要望を盛り込むよう強く交渉するのが本来あるべき姿でしょう。

この「マンション管理組合の学校」発起人の一人で、マンション管理士(メルすみごこち事務所)とマンション管理会社(クローバーコミュニティ)の代表。まわりが勝手に「すごい人」と誤解しているが、実はマンション管理や修繕の専門知識は高くない。とにかく仕事もプライベートも理事会も「楽しく」「新しい」ことを考えていないとアタマが腐ってしまうので、取り扱い注意。

深山州のゆる~いマンション管理コラム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ