長期修繕計画とは

★長期修繕計画とは、マンション管理において、マンションを維持・管理して行くための基となる計画を指す。

一般的には表形式にして年度ごとに予想される計画修繕と概算費用を書き込んで作成し、これを基にして大規模修繕の費用算定や予算作成、修繕積立金の必要額を計算します。
経済環境や社会情勢の変化を織り込む必要があるので概ね5年ごとに見直します。竣工後40年程度までを見込んで計画を立てると、なお望ましいでしょう。

当サイトの管理者(校長という設定ですが全然偉くありません)。マンション管理組合向けの情報検索システムを作ったりしてます。「マンション管理士」ですが、実務経験は幼児プール級に浅いため、難しい質問は当サイトのプロにお願いします…。ちなみに私のブログは有用な情報ではなく、箸休め的な存在ですので、何ならギャグしか意識してません。どうか怒らないでください。
■過去の見づらい記事がありましたらこちらをどうぞ。http://schoolformkk.officialblog.jp/archives/cat_50050135.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ