【新人マンション管理士レポート】マンション防火管理の仕事とは

新人マンション管理士_ブログ

新人マンション管理士の防火管理体験記(第2回)

―防火管理を実際に体験してみました―

 

マンション管理士 新人のメル夫です。只今メルすみごこち事務所で研修中です。
今回は、東京都にある築55年目(地上8階地下2階)の賃貸ビル(シェア型複合施設)の共用部分の防火管理点検を行った時のリポートです。
シェア型複合施設とは?】
今回の定期巡回点検の建物は築55年と古いですが、中は「シェア型複合施設」といって、シェアアパートメント、シェアオフィス、シェアスペースの3つの機能が融合した賃貸ビル。
建物の中は新しく、新鮮な感覚で驚きました。
定期巡回点検の際も、基本的には共用部分の設備点検等が主なのですが、あるフロアはオフィスの中に入らないと点検ができないので、「防火点検です」とお断りしてオフィスの中の設備を点検するところもありました。
【点検結果は?】
定期巡回点検は、3つの点検と2つの活動です。
3つの点検
1.避難経路が確保されているか。(共用部分への残置物除去)
2.設備の確認(設置状況、稼働状況等)
3.放火リスクの最小化(共用部分への物品残置の除去)
2つの活動
1.入居者(テナント)への啓蒙活動(コミュニケーション)
2.点検実績の蓄積(点検報告書、報告書補足等)

 

今回の点検の結果は、廊下の残置物が指摘事項。
自転車が2件、傘立てが3件、そして廊下の半分を塞ぐ大きさの物置の設置が1件発見されました。
物置は一番奥の部屋なので、他の部屋の方は通らないと勝手に判断されたのでしょう。
共用部分への私物の設置は、角部屋かどうかは関係なく禁止されています。

いずれも撤去の警告をおこないました。___前回の資料を見ますと、いずれも前回警告を行っていましたが、改善されていないようです…。

 

PAK74_ametojitensya_TP_V4

【メル夫の今日の気づき】

今回行った点検で気がついたことは、物品が放置されていた階が、2F,3F,6Fと特定化されており、しかも前月から続いていているということです。

__私は、あるマンションで廊下に自転車を置く方が非常に多く、理事会でその実態と理由をアンケート調査したことを思い出しました。
そのマンションでは、実に住人の3分の2が廊下に自転車を駐輪しており、その理由のほとんどは「他の方がやっているから駐輪してもいいと思った」だったのです。

 

「他の方が置いているから自分もやっても構わない」

今回の点検における共有部分への残置物も、同じ心理だったのではないでしょうか。

SHIO16032459IMG_6994_TP_V4

それでは、この状況を改善してもらうにはどうすればよいのでしょうか。

それは、啓蒙活動しかありません。
①違反を早期発見して、「やってはいけないことです」と示した警告書や管理者からの書面で、改善を勧告する。
②「共用部分は、避難時は逃げ道になるので、私物を置かないで下さい」等の掲示物やお知らせの投函で呼び掛ける。
③余りにも改善されない場合には、管理者に直接会っていただき警告する。
「所有者に断りなく一時的に撤収し保管する」という手もありますが、トラブルの原因となるので、避けた方が良さそうです。

 

マンション管理士新人のメル夫です。只今メルすみごこち事務所で研修中です。いろいろなマンション管理組合の理事会や総会等へ訪問させていただき、その活動を通して得られた「気づき」を新鮮な気持ちでリポートさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ