【マンション管理ニュース】アスクルの倉庫火災に防火シャッターの重要性を知る

防火管理者代行としての重要なミッションに『防火扉(シャッター)に障害物がないか』の確認があります。

そもそも防火扉(シャッター)は、炎や煙の他フロアーへの拡散をシャットアウトする重要な役割を担っています。これが正常に稼働しないと、被害が大きくなってしまうのです。

2013年9月11日。

福岡市博多区の医院『安部整形外科』の火災において、入院患者10名の尊い命が犠牲となりました。
防火扉が正常に動かなかったことで、大惨事をまねいたのです。

あなたのマンション、防火扉の下に物が置かれてませんか?

 

■参考記事
アスクルの倉庫火災 防火シャッターが一部機能せず

http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_society/articles/000096541.html

防火管理者外部委託(メルすみごこち事務所)
http://e-sumigokochi.com/mokuteki/bouka/

捨部(ステーブ)です。ほかの学校(情報サイト)で講義された先生のコラムや、臨時講師によるコラム「マンションの取り組み事例集」など、わかりやすくお伝えします!あなたのマンションライフを充実させるための取材…これが私、ステーブのジョブズ(仕事)です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ