給水管の更生工事とは

★給水管の更正工事とは、マンション管理において、経年劣化で給水管内部が劣化(錆びて赤水の発生や管の破損等)するのを防ぐ為に実施する「維持のための延命」工事を指す。


マンション管理士よりひとこと
img_miyama

給水管工事については、更生工事と更新(給水管を全交換する)工事の2つがあります。

主に内部のサビを除去した後に、内部に樹脂をコーティングする工法が一般的で、築15年前後を目安に実施することが大半ですが、最近は使用する樹脂材の環境ホルモン問題や施工の確実性を問題視する専門家もいます。

最近は更正工事とは別の観点から「延命工法」が注目されています。
「脱気工法」、「磁気共鳴工法」、「電気防食工法」、「カルシウム工法」、「活水器」等です。

しかし、
マンションにおける実績があまり多くないので今後実績の積み上げによる評価が重要です。
「あんな物はインチキだ!」といっている業者や評論家もいますが、状況に合った対処方法をとれば効果が期待できるものと思われます。

当サイトの管理者(校長という設定ですが全然偉くありません)。マンション管理組合向けの情報検索システムを作ったりしてます。「マンション管理士」ですが、実務経験は幼児プール級に浅いため、難しい質問は当サイトのプロにお願いします…。ちなみに私のブログは有用な情報ではなく、箸休め的な存在ですので、何ならギャグしか意識してません。どうか怒らないでください。
■過去の見づらい記事がありましたらこちらをどうぞ。http://schoolformkk.officialblog.jp/archives/cat_50050135.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ