不動産登記簿とは

★不動産登記簿とは、土地と建物について、一定の事項を記載し、公衆の閲覧に供する国の帳簿を指す。

建物と、土地に分かれていますが、マンションの場合は、建物全体(一棟の建物)、専有部分、敷地利用権(敷地権)が一体で登記されます。

表題部には土地や建物の一定の事項が記載され、甲区には所有権に関する一定の事項、乙区には所有権以外の一定の事項が記載されるよう、決まっています。
謄本を見ると、マンションの所有者の経緯や抵当権の設定状況等を確認することができるようになっています。

当サイトの管理者(校長という設定ですが全然偉くありません)。マンション管理組合向けの情報検索システムを作ったりしてます。「マンション管理士」ですが、実務経験は幼児プール級に浅いため、難しい質問は当サイトのプロにお願いします…。ちなみに私のブログは有用な情報ではなく、箸休め的な存在ですので、何ならギャグしか意識してません。どうか怒らないでください。
■過去の見づらい記事がありましたらこちらをどうぞ。http://schoolformkk.officialblog.jp/archives/cat_50050135.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ