投資型マンションとは

★投資型マンションとは、区分所有者が自ら居住せず、賃貸を目的として運用するマンションのことを指す。

いわゆる「ワンルームマンション」の形態が多く、1年間の家賃収入と購入価格を比較して、「利回りが○パーセント」というような販売や購入を目的とした建物になります。


マンション管理士よりひとこと

img_miyama

投資型マンションの性質として、居住者と区分所有者別々であるため、お金をかけてマンションをきちんと維持していくという考え方が希薄になりやすいという傾向が強く、分譲型のファミリーマンションと違って、管理組合の活動が活発ではありません。
よって管理会社から
管理費が割高にとられていたり、管理に手抜きが生じたりと、オーナーの知らないところで数多くの問題が眠っています。

また、居住者が短期間で頻繁に変るため、、マンション内の生活ルールやマナーにも乱れが出ることが多く、最近は都心の一部(文京区や江東区など)の地域で建設を規制している行政も出始めています。

当サイトの管理者(校長という設定ですが全然偉くありません)。マンション管理組合向けの情報検索システムを作ったりしてます。「マンション管理士」ですが、実務経験は幼児プール級に浅いため、難しい質問は当サイトのプロにお願いします…。ちなみに私のブログは有用な情報ではなく、箸休め的な存在ですので、何ならギャグしか意識してません。どうか怒らないでください。
■過去の見づらい記事がありましたらこちらをどうぞ。http://schoolformkk.officialblog.jp/archives/cat_50050135.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ