【マンション管理士おさらぎブログ】マンションの防犯カメラは「リース」か「レンタル」か「買取」か

防犯カメラ。

理事長代行のマンションでリースから買取に変えました。

防犯カメラは「レンタル」「リース」「買取」とありますが、一体何が得なのか。

得でいったら買取です。

 

そもそも、レンタルとリースの違いってなんだってことなんですが、レンタルはビデオと同じ。企業の所有物を借りる。

契約期間は短く、料金高め設定。カメラ自体も古いことが多く、どちらかというとマンションには向いてません。

 

一方リース。

新品をリース会社を通じて6年くらいのスパンで契約。最新の機種が手に入りやすく、費用は分散。保険もきくので盗まれそうな場所の設置には有利ですが、長期でみると割高
中途解約の際には
違約金が発生します。

 
 

今回の買取変更に際し、違約金20万弱は契約先の業者が負担。コンサルタント会社のメルすみごこち事務所が、総額を抑える交渉をしたため、初年度こそまとまった費用が発生しますが、以後月額メンテナンス費含め、数年で元をとれる算段。カメラの性能も数段上がりました。

管理費削減に非常に有効です。

リース契約のマンションは、検討の余地があると思います。

 
 

そういえば、逃げ恥ってドラマ流行りましたね。

ちゃんと見てませんでしたけど、あれは早い話、「リース奥さん」てことなんですかね。

披露宴の人数合わせ等で利用されるレンタル家族ってあるから、リース家族があってもいいかもしれませんね。

6年契約。浪費癖の妻、バカ息子。

解約申出したら、莫大な違約金請求あり。
 

…やっぱ、いらんな。

OEKAKI25

 【マンション管理組合の学校 事務局 マンション管理士おさらぎ】

当サイトの管理者(校長という設定ですが全然偉くありません)。マンション管理組合向けの情報検索システムを作ったりしてます。「マンション管理士」ですが、実務経験は幼児プール級に浅いため、難しい質問は当サイトのプロにお願いします…。ちなみに私のブログは有用な情報ではなく、箸休め的な存在ですので、何ならギャグしか意識してません。どうか怒らないでください。
■過去の見づらい記事がありましたらこちらをどうぞ。http://schoolformkk.officialblog.jp/archives/cat_50050135.html

2 thoughts to “【マンション管理士おさらぎブログ】マンションの防犯カメラは「リース」か「レンタル」か「買取」か”

  1. 買取で気をつけなければならないことは、買取により共用設備となり、管理規約の別表『共用部分の範囲』に監視カメラの記載が加わらますので、特別決議による承認が必要になることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ