積立金会計とは

★積立金会計とは、マンション会計のうち「修繕積立金」についての会計をいう。


マンション管理士よりひとこと
img_miyama

皆さんが口座振替で毎月支払っている「管理費等」がどのように貯まり、どのように使われ、結果いくら残っているのか、といった「財政状況」を知るには、「会計」を見る必要があります。
「マンション管理組合にも帳簿付けがある」ということです。

会計のうち、建物・設備を将来的に維持していくための修繕費(管理組合の貯蓄)を見るための会計を「積立金会計」といい、別名「特別会計」とも言います。

この「
積立金会計」が悪化するとどうなるか。
建物・設備が経年劣化により工事する必要があっても工事費が足りないために、劣化を放置することになり益々劣化が進みます。病気になっても病院に行けず、寿命が縮まるようなものですね。

一方、「エレベーターの保守点検や管理員の派遣、帳簿付け、小さな補修工事など」に使われるお金の会計を「管理費会計」と言い、別名「一般会計」とも言います。
いわば、「日常発生するランニングコストの運用を目的とした会計」と言えるでしょう。

企業会計や各家庭の家計簿には会計は一つしかありませんが、マンション管理組合の場合、「建物維持のための貯蓄のための会計=積立金会計」と、「ランニングコストのための会計=管理費会計」の2つの『お財布』があるのが特徴です。

なお、この会計に関する書類は、ほとんどの管理組合が管理会社へお金を払って作ってもらっています。

あなたが理事会役員であれば、管理会社から毎月の月次報告の中に含まれる形で会計報告書類が提供されますし、一般の区分所有者であれば年1回の総会で「決算報告」の形で見ることができます。

当サイトの管理者(校長という設定ですが全然偉くありません)。マンション管理組合向けの情報検索システムを作ったりしてます。「マンション管理士」ですが、実務経験は幼児プール級に浅いため、難しい質問は当サイトのプロにお願いします…。ちなみに私のブログは有用な情報ではなく、箸休め的な存在ですので、何ならギャグしか意識してません。どうか怒らないでください。
■過去の見づらい記事がありましたらこちらをどうぞ。http://schoolformkk.officialblog.jp/archives/cat_50050135.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ