【シングルママ・ムージのマンション管理組合理事長の日記】開くだけで決まる?マンション管理組合総会決議

こんにちは、ムージです。

管理組合の理事長になって、総会の議長や組合員の意向を図ることを経験しました。
そこで感じたのは、組合員の組合に対する関心の低さです。

今回の大規模修繕工事に関して、全戸対象に、気になるところのアンケートをとりました。
すると、売却目的で保有されている数戸はべつにしても、回答率は全戸数に対して半分ぐらいにとどまりました。

また、管理会社とは1年単位で管理業務の委託契約をしていて、その更新か他の管理会社に変更するかを、契約期間終了の3ヶ月に通知するように契約で定められていますが、例年は、いつも契約期間が満了する直前の総会で、慌ただしく、「じゃあ、更新しましょう」と議論もなく、1分もかからずに更新手続きがされていました。

そこで今回はじめて、管理会社への満足度のアンケートを実施しました。
すると回答率は、大規模修繕工事と同じように、全戸数に対して半分ぐらいでした。

 

この回答率の低さは、組合の通常総会・臨時総会の議決が、ほぼ事前に決まってしまい、議題にすれば、ほぼ100%可決される状況だから驚くべきことではないのでしょうね。
100%の可決とは、組合員同士のコミュニケーションがとれているかというと、そうではなく、総会に出席しないで事前に委任状出席される人が、いつも半分ぐらいいるからです。

委任状には、総会の議題ごとに「賛成」または「反対」、または「議長に一任する」を選択する欄があり、だいたい「賛成」か、または「議長に一任」が選択されています。
だから場合によっては、総会を開く前に、事前に委任状によって過半数の賛成が得られていることもあります。

「じゃあ、総会を開く意味はあるの?」と言いたくなりますが、それは少なくとも年に1回は開かないと法違反になるので、開かないわけにはいかないのです。

議長に一任されているのは、信頼があると思いたいところですが、確証がないので、いつ覆るかもしれない危うい信頼であります。

都内にある築15年越えの中規模マンションの管理組合理事長。今まで、延期だった大規模修繕工事や、管理会社の変更などを経験。組合活動について、初めて理事になる方、組合員の方々に、マンション管理についてお役にたてるように発信します。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。