【シングルママ・ムージのマンション管理組合理事長の日記】ペット禁止の意味は?

こんにちは、ムージです。

さて、第1回修繕工事も無事に着工となり、足場囲まれて生活しています。

窓を開けると、足場の階段があります!
広くなったようで、実は、日中暗い、ちょっと不便な感じです。

理事会も一段落したので、今は、マンションの管理規則を見直しています。

その中で、ムージも関係するペットの飼育規則も見直しの対象になっています。

今の規則では、犬や猫を買う場合は、上下と隣り合う部屋の居住者に事前承認が必要。
また、大きさは、50センチまでです。

 

 

小動物は、許可が不要です。
ムージのペットのハムスターは、小動物なので、許可不要です。

しかし、ウサギは小動物でないので、許可が必要。
小さくても、トカゲや蛇のような爬虫類はどんな大きさでも禁止です。
亀も禁止です。熱帯魚は許可不要です。

趣旨は、鳴き声で迷惑になるとか、ニオイが気になるとか、逃げた場合に害を及ぼしかねないから、ということらしいです。

しかし、ハムスターもガシガシあちこち噛むし、回し車もうるさく回すことがあり(静音タイプに変えました)よっぽど、イグアナや蛇やレオパのほうが静かで飼いやすいと思います。

規則や規約は、多数の組合の最大公約数の意思を集約したものですが、価値観が多様化し、ペットと暮らすことは悪いことではないので、自由度を高めることも検討中です。

都内にある築15年越えの中規模マンションの管理組合理事長。今まで、延期だった大規模修繕工事や、管理会社の変更などを経験。組合活動について、初めて理事になる方、組合員の方々に、マンション管理についてお役にたてるように発信します。よろしくお願いいたします。

5 thoughts to “【シングルママ・ムージのマンション管理組合理事長の日記】ペット禁止の意味は?”

  1.  ペット問題では苦労しました。
     今は規約で制限がありますが、建て替え前はペット禁止にもかかわらず、大型犬を飼うバカもいました。
     大きさは制限されているようなので、犬の飼育には、狂犬病の予防注射、役所への登録、鑑札の犬への装着を条件に加えることをお勧めします。
     「法は法」ですから。
     個人的には、本人が責任を取り、苦情対応にも誠実に応ずるなら、ゾウでも、キリンでも飼えばいいと思います。
     住宅メーカーの宣伝をパクリました。 お粗末(笑)

    1. 器用人さん
      コメントありがとうございます。
      法律を守り、周りに迷惑をかけない
      モラルがあれば、何をしても構わないと、思います。
      でも、モラルは、学校では教えないし、週刊誌や新聞などのマスメディアでわざわざ取り上げないから、人によってモラルの高さが様々ですね。
      規約作らなくても、わかってほしいと、思いますね。
      (ムージ)

  2.  今の時代、「自己責任」が叫ばれている割には、無責任なSNS情報が氾濫し、都合の悪いことは知らないことにする風潮があります。
     規約を作らないでも、わかった時代は、ずっと前に終わっています。
     知らないことは、教えてあげないといけない時代に入っています。

  3. 投稿、参考にしております。
    大規模修繕の投稿、またしてくださるとよいなと思っております。
    お忙しいこととは思いますが、ぜひよろしくお願いいたします。

    1. コメントありがとうございます。
      近日公開いたしますね。
      よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。