【シングルママ・ムージのマンション管理組合理事長の日記】組合活動って何?まだわからない管理組合への無関心の意味?

こんにちは。マンションの管理組合理事長のムージです。

先日、組合の総会がありました。
天気がよく、青空のきれいな日曜の昼間です。

こんな日に、区民センターの会議室(定員12名)で、コの字型に置かれた机に男女取り混ぜ、年代は20代なかばから30代、せいぜい50代までの大人が10人ほど集まり、管理組合の通常総会が行われました。

その真中の席に管理会社の人が、管理業務主任者証(名刺サイズの身分証みたいなもの、もちろん写真付き)を机の上において、収支報告だの管理委託契約だのと、難しそうな言葉でいろいろなことを説明し、

「賛成の方は挙手願います」

と一言言うと、一斉に手が挙がる。その繰り返しで、管理組合の通常総会は終わりました。

欠席率が半分に及ぶかなという程度の無関心ですね。
でも、委任状があるので、決議は気が抜けたようにどんどん進んでいきました。

理事の選任、管理会社との管理委託契約がきまりました。

意味あるのか?管理組合?ん?
と管理会社のしていることをつらつら思い起こすと、日常の掃除にゴミ出し。
毎月支払っている管理料と修繕積立金の引き落としと保管、半年や1年ごとに行っているエレベーターの保守、消防点検。

…ぐらいですね。

それに加えて、築年数も20年近くたったことだし、大規模修繕工事をすることになりました。

で、この大規模とは何が大規模かというと、足場組んで、普段ではできない外壁の補修やバルコニーの防水、屋上の防水といった建物全体の修繕。
また、排水管やガス管、エレベーターといった設備まわりの修繕、取替といった内容になります。

第1回の大規模修繕工事は、築12年から15年が目安ですが、私のマンションはすでに築15年以上なので「まったなし」です。

予算は2000万円ぐらい。
なのに、どんな工事をするかは、まだきまっていない。
それはまだ建物の傷みを、住んでいるだけでは実感していないからでしょうか・・。

工事に無関心なのは、おまかせなのか・・
それとも、後で文句言われるか・・
どんな結果になってもいいように、気を抜かずに頑張ろうと密かに誓いました。

都内にある築15年越えの中規模マンションの管理組合理事長。今まで、延期だった大規模修繕工事や、管理会社の変更などを経験。組合活動について、初めて理事になる方、組合員の方々に、マンション管理についてお役にたてるように発信します。よろしくお願いいたします。

2 thoughts to “【シングルママ・ムージのマンション管理組合理事長の日記】組合活動って何?まだわからない管理組合への無関心の意味?”

  1. すごくわかります。我が家のマンションも住民の関心が低くて、総会参加も50%に達したことがありません。自分も理事になるまでは無関心だったので人のことは言えませんが、少しでも資産に興味を持ってもらえるようにしたいと思います。

    1. 新米副理事長さま

      貴重なコメントありがとうございます。

      共感いただきまして、嬉しいです。

      みんなで使うマンションだから、
      協力して、管理していきたいと
      思っています。

      今後とも、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。