【マンション管理士おさらぎブログ~箸休め】奇跡体験 おとうさんリレーのあん‘’ビリ‘’ばぼ~

唐突に、嫁から告げられました。

「保育園の運動会、今年からおとうさんリレーが追加されるんだけど、出るでしょ?」

 

 

…あほかと。

20代や30代じゃないんだぞと。

本気で走るの、タイで野良犬に追いかけられた以来だぞと。

それも、10年以上前だぞと。

 

 

「絶対転ぶからやだ」

 

 

すると嫁。

 

 

「いや、みんなそれ期待してるから」

 

 

運動会で、なぜお父さんが転ぶのか‥

前脛骨筋。

すねの筋肉の衰え。

継続した激しい動きに筋肉が適応できず、つま先が上がらなくなり地面に接触。

その結果、つまずく、という現象が起きるのである。

 

 

■■運動会当日■■

 

ママさんグループがニヤつきながら近寄り、

「リレー期待してるからwww」
OEKAKI78

  私には、ひたいの「ころべ」という文字がはっきりと見えました。


 

あか組、第2走者のお父さんが必死の形相で走ってきます。

子供の運動会なのに、よりによってメイン種目の「おとうさんリレー」

子供たちとママさん、めんこい先生たちの黄色い声援が飛び交います。

 

 

このような地獄のプレッシャーは、受験の時ですら感じたことはありません。

 

 

(…ちゃんと転べるか?)

 

 

3馬身差で受け取ったバトン。

2位の好位置からスタートした私の前には、先生チーム、女性の小さな背中が見えました。

 

 

その瞬間

 

 

そいつは、バトンの空洞からスルりと抜け出し、私の目の前に現れました。

 

 

リトルおさらぎ

 

 

よく見たら、イケメン気取りの精悍な顔立ちをした10代の私。

そいつが叫びました。

 

 

「抜かしたらカッコいいぞ!」

 

 

最後のカーブを軽快にまわりはじめたころ、前を走る先生の小さな背中を、私は完全に捕えていました。

 

 

次の瞬間

 

 

医学的にも証明された、前脛骨筋の疲労が限界を迎え、つま先が地面に接触。

目の前に、こげ茶色の大地と、真っ白なラインが迫りました。

 

 

ここからの記憶が、なぜかスローモーション…

前方に放り出された身体。

素早く頭をたたんだ上半身は、猫のような俊敏さで丸くなり、くるっと一回転。

そのまま何事もなかったように走り出す、という奇跡を起こしました。

 
OEKAKI80
 

 

会場から沸き起こる笑い。

激ウケの子供たち。

 

 

次の走者にビリでバトンを渡そうとした、その時。
私は、”あの声” をはっきりと聞きました。

 

 

「グッジョブ!」

 

 

リトルおさらぎ

 

 

バトンの上に、そいつの姿がありました。

それは、様々な経験を乗り越え、蓄えた年輪を刻んだ40代の完全なるおっさんの笑顔でした。

 
 

【マンション管理組合の学校 事務局 マンション管理士おさらぎ】

※おさらぎ個人のブログより、懐かしい思い出を加筆修正して投稿

 

当サイトの管理者(校長という設定ですが全然偉くありません)。マンション管理組合向けの情報検索システムを作ったりしてます。「マンション管理士」ですが、実務経験は幼児プール級に浅いため、難しい質問は当サイトのプロにお願いします…。ちなみに私のブログは有用な情報ではなく、箸休め的な存在ですので、何ならギャグしか意識してません。どうか怒らないでください。
■過去の見づらい記事がありましたらこちらをどうぞ。http://schoolformkk.officialblog.jp/archives/cat_50050135.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ