【マンション管理士おさらぎブログ】リッツカールトン、その世界最高峰のホスピタリティとは

ハワイで贅沢して、リッツ・カールトンホテルを利用したので、何とか元をとらなければ…そもそも酔ってる勢いで予約しちゃったし……という訳ではありません。

超一流ホテルと称され、最高ランクの評価通り、その素晴らしいサービスで体験した感動のホスピタリティーを紹介したいと思います。

チェックインの際のフロント担当。

タレントのベッキーにそっくり(もしくは本人)が、完璧な日本語で対応してくれたので油断していたんですが、チェックアウトは、ベッキーではないブロンド美人に英語で対応されました。

私も、頑張って英語で答えたのですが、この時の担当がとても素晴らしかったのです。

私の単なる英単語を繋げたレベルの英会話に対する反応が

「パーフェクト!」

私が何を言っても、最初の答えが

「パーフェクト!」

すっかり気分がよくなったおさらぎ。

迎えの車が来るまで時間があったので、スーツケースを預かってもらおうと思い、使った英語は

「Could you keep my すーつけーす?」

それを受けた、ブロンド美人

「オーケー、パーフェクト!」

なんと、気持ちのいい対応なのでしょうか。

なお、お気づきだと思いますが、正しくは「すーつけーす」じゃなくて「baggage」

後で誤りに気づいて恥ずかしいのなんの…

投資の元をとるためではありませんけど、帰国後に『リッツ・カールトン超一流のサービスの教科書』という著書を購入しました。

そこにはこのように記されています。

 

「相手に恥をかかせない」

いかがでしょう。

もちろん間違いを指摘しなくてはいけない時もありますが、その必要がないときまで、相手を正す必要があるでしょうか。

その相手は「ありがとう、無知な私を正してくれて」と喜ぶでしょうか。

そこで得られるのは、「間違いを正してやった」という自己満足だけではないでしょうか。

そのような場面に遭遇した際、即座に相手の間違いを指摘する前に、ぜひ一拍おいて考えてみてください。

『その間違い、指摘する必要ある?』

____ちなみに、かの超一流ホテル、リッツ・カールトンです。

ハワイのフロント担当ともなれば、恐らく日本語で対応できるでしょう。

当時の私は(今もそうですが)黒すぎて日本人に「ソーリー」と言われる容姿だったことを考えると、ブロンド美人の気持ちは次のとおりだったと思料します。

 

OEKAKI12

___フロント担当、ブロンド美人の心の声

 

Oh my
God he’s Japanese.

(あっかーん、日本人やん)

But
he answered hard so I will talk in English.

(でも、一生懸命答えてるから、ここは英語で話したろ)

※文法が間違ってましたら、翻訳サイトの責任ですのであしからず

当サイトの管理者(校長という設定ですが全然偉くありません)。マンション管理組合向けの情報検索システムを作ったりしてます。「マンション管理士」ですが、実務経験は幼児プール級に浅いため、難しい質問は当サイトのプロにお願いします…。ちなみに私のブログは有用な情報ではなく、箸休め的な存在ですので、何ならギャグしか意識してません。どうか怒らないでください。
■過去の見づらい記事がありましたらこちらをどうぞ。http://schoolformkk.officialblog.jp/archives/cat_50050135.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ