[動画]マンションの配管保全方法の違いで修繕費用をコストダウン

マンションの給水管・排水管の保全を行うにあたり、長期的な視点での修繕費用が、配管保全方法の違いで大きく異なってくるということについてのお話です。

修繕積立金が管理組合でいくら積み立てられているかがマンション売却の際の価格にも影響してきています。
延命対策を行うことで、取替工事の回数を極力減らし、修繕積立金に余力を残しておくことがとても肝要になってきています。

※音量はご自身のデバイスで調節してください。

優先度が低くなりがちなマンションの給排水管の保全。とくに専有部は、修繕積立金でカバーされず各自の負担となる組合が多く、年月を重ねるごとに、ボディーブローのように配管の保全費用が重くのしかかってきます。利害関係者に振り回されず無駄使いを避けるちょっとした情報をご提供いたします。【配管保全センター株式会社】https://haikan-hozen.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ