[動画]配管保全のお悩みを整理しました3(修繕積立金の不足…後半…)

配管保全を行う際に、いつも問題になるのが修繕積立金の不足です。築40年以上のマンションでも、給水管・排水管の取替工事を行ったところは3割に満たず、半分以上のマンションで水漏れ事故が起きています。
この動画で、配管を保全する際に大きな影響を受ける修繕積立金にまつわる悩みを築年数ごとに整理しています。また、それらの悩みが解決できる糸口となるような情報も合わせてご提供しています。

※音量はご自身のデバイスで調節してください。

優先度が低くなりがちなマンションの給排水管の保全。とくに専有部は、修繕積立金でカバーされず各自の負担となる組合が多く、年月を重ねるごとに、ボディーブローのように配管の保全費用が重くのしかかってきます。利害関係者に振り回されず無駄使いを避けるちょっとした情報をご提供いたします。【配管保全センター株式会社】https://haikan-hozen.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ