【マンション管理ニュース】大切なマンションの修繕積立金、恐ろしき「ぼったくりの構図」

<被害2億円も!修繕積立金トラブルの実際 悪質コンサルに巻き上げられる


悲しいかな、これが業界の実態です。

このコラムをお読みいただいている皆さまはもちろん違いますが、ことマンション管理に必要なノウハウにおいて、マンション管理組合は一般的に「ずぶの素人集団」と言えると思います。

その無知につけ込んで、甘い汁を吸おうとするが世に跋扈していることを忘れてはいけません。

管理組合にとって一大イベントである大規模修繕工事に関しては、なおのこと専門的知識が必要なことから、プロの一級建築士に任せておけば大丈夫との、さもすれば当然ともいえる考えが、実際は「さらなる深い闇の入口」だったりします。

その闇はどこまでも深く、底なし…

気がつけば、住人がコツコツと努力してためた修繕積立金という、命のごとく大切な資産を根こそぎかすめとられるのです…

 

■ご参考

被害2億円も!修繕積立金トラブルの実際 悪質コンサルに巻き上げられる
(1/4)
〈AERA〉|AERA dot. (アエラドット)

https://dot.asahi.com/aera/2017052200044.html


捨部(ステーブ)です。ほかの学校(情報サイト)で講義された先生のコラムや、臨時講師によるコラム「マンションの取り組み事例集」など、わかりやすくお伝えします!あなたのマンションライフを充実させるための取材…これが私、ステーブのジョブズ(仕事)です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ