【新人マンション管理士レポート】講演「マンション管理士の業務展開と留意点」から

メルすみごこち事務所のメル夫です。只今研修中です。
今回は前回に引き続き、「契約の相手方を知ろう」から「マンション管理士に求められる要素」です。

【契約の相手方を知ろう】

契約の相手方は、次の3人です。
1. 管理組合(法人)の管理者(理事長)
2. 管理組合(本人)の構成員である区分所有者
3. 団地管理組合(法人)構成員である団地建物所有者

したがって、相談の大半は➀理事長で、管理組合との契約に基づいて助言・指導、その他の援助の業務を行うことになります。したがって、管理組合という組織の特性と現実を良く理解しましょう。

【管理組合の特性と現実】

1.専門的知識が十分でない場合が多く、かつ、その知識の習得に馴染まない。
2.誰が役員になっても、職務を全う可能な運営を実践することが求められる。
3.仮に、「その道のプロ」を自称する区分所有者がいるとしても、当該建物において発揮できる専門性や知識には限界があり、管理組合としてそれに依存して問題が生じたときに、その区分所有者の責任を追及することに馴染まない。

要するに、管理組合とは職業的にやるものではないということです。

【マンション管理士が受託しうる業務】( )内は本講義の講師の受託比率

1.相談業務(0%)
2.顧問業務及び付帯業務(57%)
3.管理規約等の見直し(3%)
4.管理委託契約の見直し(0%)
5.大規模修繕工事のコンサルタント業務(4%)
6.長期修繕計画の見直しのコンサルタント業務(0%)
7.第三者管理者又は監査人業務(22%)
8.講演・講義・執筆等の業務(8%)
9.その他事業活動(6%)

2~6は第三者的コンサルタント業務。7は外部だが当事者として関与。

【マンション管理士に求められる要素】

以上を勘案し、成業する為に求められる要素は次の3点です。

1. 一時対応について万能であること。
2. 人物や実績が他社との差別化を含めてPRされていること。
3. コミュニケーション能力に問題がないこと。

特に、3について、専門的な知識のないものに、専門性の高い事項を言葉や文章を通じてわかり易く説明し、理解・納得を得ることができる能力を言い、管理組合を考えた場合、この能力が十分でないと業務展開できる確率は限りなく少ない。

さらに、管理組合がマンション管理士に求めることは次の3項目。

1. 専門性の確保。
2. 効率性や合理性の確保
3. 関係者の恣意の排除:公明性や透明性の確保。

マンション管理士として理事会の説明責任をサポートすることが重要だが、このサポート能力は自己研鑽で備えるべき、とのことでした。

【メル夫の気づき】

メル夫は今回の講演を聞いて、特に、「マンション管理士が受託しうる業務」と「マンション管理士に求められる要素」の2つは、実際にかかわった経験がないと難しいと感じました。
また、「管理組合が尽くすべき注意」とは、例えば、区分所有者に対する説明責任が十分に果たされているか、具体的には、理事会が恩恵を受けている種々のコンサルタントサービスの内容が、
・住民の皆さまに十分に伝わっているか
・理事会の運営にどのように役立ったのか
ではないかと思いました。

__なかなか難しい内容と思いました。

マンション管理士新人のメル夫です。只今メルすみごこち事務所で研修中です。いろいろなマンション管理組合の理事会や総会等へ訪問させていただき、その活動を通して得られた「気づき」を新鮮な気持ちでリポートさせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ