【マンション管理士おさらぎブログ】本当の絶望とは、そんな甘いものではなかった・・

「絶望は幸せへの伏線である」
___とある、著書にあった言葉です。

 

鎖骨を折ったという話を、前回のブログでも書きました。
旅行の予定つぶれる、人混み怖い、サーフィンできない、横に寝れない、風呂たいへん、とにかく痛い…。

全くをもって、なにひとつ、いい要素がありません。

 

しかしこのままでは、不幸な経験だけで終わってしまう。
あのときのことをいくら悔やんでも厳しい現実は変わらない。
だったら、こんなときだからこそ味わえる「幸せ」はないのかと考えに考え、ひとつの答えに行き着きしました。

 

「夜飯をメザシの干物(税別198円)だけにして、痩せたろ」

 

あの地獄に比べたら、メザシに置き換えることなぞ屁でもない。
病院に向かう2時間半の悪路。ガタッ、とくる度に脳天を貫く電流。「切ってください」と医者に言えなかった、パタゴニアのトレーナー(税別8000円、3割引で購入)。

 

あの骨の真っ二つの、固定すらしていない状況でトレーナーを脱ぐ恐怖、苦痛。
あの地獄に比べたら、1食の我慢など、ぬる湯のごとし。
今までできなかったことが、このタイミングならできるかもしれない、いや、できる!

 

__少し、体重が落ちました。
(筋肉も落ちました)

 

「絶望は幸せへの伏線である」
誰しも訪れるピンチ。
長い人生において多かれ少なかれ、それは必ず訪れる。
しかしながら、思考を変えるだけで、絶望は絶望のままでなくなります。

 

重要なことは、起きてしまったことをいつまでも悔やむのではなく、逆にチャンスかもしれないと無理矢理にでも切り換えること。幸せな人生をおくるためには、とてつもなく前向きな思考を、常に選び続けることがポイントです。

 

______________________

 

お陰さまで、固定具もボチボチ外れそうでして、リハビリも間近。ここまで1ヶ月かかりましたが、とても嬉しいです。ゴールデンウィークには海に入れるでしょう。

 

ところが、つい先日__。
ふと鏡に映る自分の姿をみて、教え子にパワハラで訴えられたような、とてつもない衝撃を受けました。

OEKAKI57

 

まさか、と思いました。

 

そんな馬鹿な、と目を疑いました。

嘘だろおい、と声に出しました。

 

ガクガク、と足が震えました。

気持ち、失禁しました。
骨を再生させるための固定具が、私の、私の身体をこのような辱しめに…
この姿で、私は、薄っぺらいワイシャツ1枚で会社を闊歩していたのか…

 

この姿で、私は、大食堂の一番前でB定食を食べていたのか…

 

…なぜ、誰も教えてくれなかったのか…

 

家族も…会社の同僚も……なぜ……なぜ……

 

____その姿、後ろから見ると

OEKAKI56


ブラ装着

 

 
当サイトの管理者(校長という設定ですが全然偉くありません)。マンション管理組合向けの情報検索システムを作ったりしてます。「マンション管理士」ですが、実務経験は幼児プール級に浅いため、難しい質問は当サイトのプロにお願いします…。ちなみに私のブログは有用な情報ではなく、箸休め的な存在ですので、何ならギャグしか意識してません。どうか怒らないでください。
■過去の見づらい記事がありましたらこちらをどうぞ。http://schoolformkk.officialblog.jp/archives/cat_50050135.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ