[動画]築20年マンション配管保全の費用を比較しました(前半)

築20年前後のマンションの場合、専有部内の給水管と排水管はサビない材質を使っている場合が多いのですが、給水管に関してはヌメリなどの付着、排水管に関しては食用油や食品カスによる閉塞が年々起きてきます。築20年あたりから、将来を見据えた配管保全を考えることで、配管保全にかかる費用の合計額に大きな差が出てきます。

この動画は、前半で、築80年のシミュレーションの途中まで解説しております。

※音量はご自身のデバイスで調節してください。

優先度が低くなりがちなマンションの給排水管の保全。とくに専有部は、修繕積立金でカバーされず各自の負担となる組合が多く、年月を重ねるごとに、ボディーブローのように配管の保全費用が重くのしかかってきます。利害関係者に振り回されず無駄使いを避けるちょっとした情報をご提供いたします。【配管保全センター株式会社】https://haikan-hozen.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ