月次報告書とは

★月次報告書とは、マンション管理組合において毎月の会計収支や管理費等の収納状況、各種保守点検や清掃・植栽等の作業報告、入居者の出入りや駐車場・駐輪場などの使用状況をまとめた、管理会社から提出される報告書をいう。

☆マンション管理士よりひとこと
img_miyama

月次報告書を見れば、その管理会社が「システマチックで効率的」か「アナログで属人的(フロントマン任せ)」かがすぐにわかります。

大手管理会社ほど「定型」の報告書になりますし、中小規模の管理会社ではフロントマンによる手作り感が見え隠れします。

ところで管理会社フロントマンの良し悪しを知る手がかりとして、この月次報告書の説明の仕方があります。

多くのフロントマンは、
①月次報告書を渡すだけか
②説明義務を果たすために全部棒読みする
③専門用語を平気で使い理事を煙にまく

そして
④貸借対照表は説明しない(理解しておらず説明できない)
という傾向にあります。

親切なフロントマンは、ポイントを抑えたわかりやすい説明を心がけます。

最悪なのは「月次報告書が上がってこない」ですね。

あまりにも不親切ですし、会計収支が数ヶ月不明になってしまうリスクがあります。
現在は、マンション管理適正化法の改正で月次報告書の管理組合への提出が義務付けらています。ちゃんと提出してくれるか、しっかりとチェックしてください。

当サイトの管理者(校長という設定ですが全然偉くありません)。マンション管理組合向けの情報検索システムを作ったりしてます。「マンション管理士」ですが、実務経験は幼児プール級に浅いため、難しい質問は当サイトのプロにお願いします…。ちなみに私のブログは有用な情報ではなく、箸休め的な存在ですので、何ならギャグしか意識してません。どうか怒らないでください。
■過去の見づらい記事がありましたらこちらをどうぞ。http://schoolformkk.officialblog.jp/archives/cat_50050135.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アーカイブ